そして誰もいなくなった。

書評、エロゲ―の批評等しています。感想、考察は基本ネタばれになります。閲覧にご注意ください。

<<感想>> -ライトノベル- 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14」

 

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」シリーズ、堂々の完結。

 

やっと終わったのかという思いとともに、このシリーズの1、2巻を購入した日のことが脳裏に蘇ります。

あれは、福岡のまんだらけでした。ちょうど1期の放送時期だったこのアニメを見て、「なんだこれめちゃくちゃおもしれえじゃん!」と興奮し、原作を調べてチャリ漕いで買いに行ったのを思い出します。

もともと、漫画もラノベも本すら読んでこなかった自分ですので、まんだらけに入ったのもそれが初めてでした。

入ってみて衝撃的だったのは安い!ということ。中古なので今思うと当たり前ですが、バイトも最初のころはしてなかったので、あの安さはありがたかった。親のすねを齧り、背徳感から買ったこのラノベは最高におもしろかった。

 

あれから6、7年ぐらい経って、今ではいろんな本に手を出していますが、僕の中で、感動した読書体験としてはこれが初めてで、ルーツともいえる作品でしたから、今でも少なからず影響を受けている部分はあると思います。

 

例えば、八幡は成長意欲に欠けている部分があり、一般的に見たらそういう人は好まれない傾向にありますが、彼にしてみれば「今の自分を肯定しているから、変わらないといけないところなんてない」と持論を展開する有様で、それを読んだときはもう衝撃的で、笑いながらも得心がいって、ちょっと前までは僕の持論になっていたまであります。

 

そんなルーツとも言える作品が完結したという訳で、あの頃の懐かしさに思いを馳せながら※ネタばれ※感想を下記にしたためたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

1.表紙裏コメントの件

 先に申しあげますと、感想は批判的な部分が多めです。で、表紙めくって裏のコメントを読んで気になったことが一つ。

 ぽんかん⑧氏「・・・(省略)・・・読者のみなさま・・・(省略)・・・本当にお疲れ様でした!」

 なんだよ読者にお疲れさまって。読むのにお疲れ様ってこと?待ちくたびれたという意味でなら確かに疲れたよ...。

 

2.なぜ雪ノ下を選んだのか、なぜ由比ヶ浜が選ばなかったのかを文中で明らかにしてほしかった。

 僕はあまりキャラクター単体には愛着を持つタイプではなく、少し引いて見るところがあるので、いわゆるどちら派みたいな派閥はないから、どっちとくっついても良かったのだけれども、なぜ雪乃下を選んだのか、なぜ由比ヶ浜が選ばなかったのかの理由付けが欲しかった。僕から見れば、雪ノ下も由比ヶ浜もどちらも素敵な女の子で、どちらにも尊い価値がある、という意味で等しく等価値で、八幡にとってもそうに違いないんだから、そこはけじめを付けて欲しかった。まぁ今までの流れで、八幡が雪ノ下を尊敬している節があったから、雪ノ下に惹かれるというのも分かるけどね。

 

3,自意識の殻を破って

 最後まで本物を追い求めた八幡。本物の意味を彼の言葉で意訳するなら、間違いのないもの、普遍的に変わらないもの、といったところかと思いますが、この奉仕部の出会いがなければ彼の言う本物を手に入れることはできなかったと思います。彼は強烈な自意識がありますから、この出会いがなかったら自分自身の正しさを信じて疑うことはしなかったでしょう。本物の価値は自分の中にあるものではなく、実際に触れた感触、つまり、他人との関わり合いの中でこそ本物の価値に気付くのではないでしょうか。僕が見て感じたことと他人が見て感じることは違うことがままにあります。この小説の感想だって、片一方の人にとっては最高のラノベだったと興奮冷めやらぬうちに書評を書く人もいれば、もう片方の人にとってみれば最低のラノベで、不満点をあげつらってボコボコにしてしまう人もいます。そういった自分とは異なる意見をネットではなくてリアルで体感し、自分に今までなかった視点を得ることが僕は大人になることだと思いますし、それこそが本物を見つけることに繋がると思うのです。それを見事に八幡の背中が語ってくれたんじゃないでしょうか?

<<感想>> -アニメ- 「ACCA13区監察課」

 

 

原作全6巻既読。入口はアニメからでした。

 

滲み出る、渋いオシャレ感。これは好きな人にはたまりませんわ。ハードボイルド系の作品で良くあるアメリカン・ジョークとは違った趣がある。僕はアメリカン・ジョークがあまり好みではなくて、というのも、オシャレ感を全面に主張しているように感じられダサく感じるからだ。ACCAの雰囲気はそういう取ってつけたようなオシャレ感ではなく、生来のものだと感じる。アニメのOP、EDはこの作品のためだけにバンドを組んで作曲しているのはよく知られた話で、このACCAに対するスタッフの思い入れの強さを示しているだろう。他作と一線を画す特別な作品であることの証拠だ。

 

以降は完全にネタばれであるため、閲覧には注意していただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

一連のクーデター騒ぎは、クヴァルム院長と、アーベントの策略によるものだった。

 

結果的に出来すぎなくらい上手く事が運んだが、あえてここで作中通り事が運ばなかった場合について考察してみることには意味があると思う。それによりこの策略が偶然の産物であったのか、それとも隙のない完全な計画だったのかを検証することが出来る。

 

一つだけ取り上げてみたいと思うが、第6巻のACCA100周年記念日前日にクーデター打ち合わせの集会を開き、当初の計画では式典当日に王位継承権をジーン・オータスに譲らせるという算段になっていたが、シュヴァーン王子が譲らないと意固地になる可能性があるので、後日誓紙をもって誓わた方が良いのではないかと、ジーン・オータスは提案した。

 

リーリウム長官は一応納得はしていたが、僕は、ACCA100周年記念式典当日に、公の場で、シュヴァーン王子に誓約を誓わせることには意味があるように思う。リーリウム長官がそれに固執することも十分に考えられたのではないか?だからこそ、あえてここで、ジーン・オータスが王家の血筋を引いていること、シュヴァーン王子に国王にならないと誓わすことを公の場で発言した場合について考えてみたい。クヴァルム院長が記念式典当日に照準を合わせていたことは間違いないと思うが、ACCA側の言動についてまで予測するのは不可能なはずだ。どう転んでも望む結果が得られたのかを考えてみる。

 

1、ジーン・オータスが王家の血筋を引いていること、シュヴァーン王子に国王にならないと誓わせることを公の場で発言する。

 

2、リーリウム家以外の各区有力者たちは、シュヴァーン王子が即位することを望むので、当日中にこのクーデターは茶番だと誰かが発言するだろう。発言はひっくり返せない。なぜなら、大々的に放送されているからだ。だからリーリウム家は必ず負ける。シュヴァーン王子はACCAの存続は認めるだろう。

 

3、ジーン・オータスが王家の血筋を引いていることを完全なデマだと国民に信じ込ませるのは普通は難しい。火の無いところに煙はたたない。しかし、このクーデター自体が壮大な茶番なのだ。国民は気に留めないかもしれない。

 

 いや、もしかすると当初の計画の場合は、リーリウム長官が発言するのを遮ってモーヴ本部長が語り始めるだろう。やはりリーリウム家の負けだ。

 

 ACCA100周年記念式典時にクーデターを起こすこと、ジーン・オータスが王位を継ぐと主張しないことをクヴァルム院長は読んでいただろう。しかし、これが茶番であると発言することまでは読めていたのか?真相はどうであれ、このクーデターは茶番でなければならない。そして、ジーン・オータスが王家の血筋を引いていることを明らかにしてはならない。なぜなら、シュヴァーン王子が即位することを国民はあまり望んでおらず、ジーン・オータスが血筋を引いてると知れば、世論は一気にジーン・オータスを国王にすべしと傾くからだ。

 

 となると、クヴァルム院長はこの茶番の演出まで読んでいたことになる。ここまでくると推測というには、希望的観測が過ぎるような気がするのは僕だけだろうか?がしかし、この解決法しかありえないのは理解できる。

 

 

 

 上記のような疑問が残るものの、面白い作品であるのには違いない。伏線散らかりすぎかなと思っていたが、最後に上手く回収できていた。

 

 先日、ACCAの世界観を共有する「BADON」が発売された。タイトルからしてやられた、とクラッときたが、内容もやはり面白い。月刊誌を買わないので、次巻発売が2020年の4月予定とまだまだ先で残念ではあるが、発刊をしばし待とう。

 

 

 

 

 

<<感想>> -エロゲ―- 「″Hello,world.″」

ニトロプラス制作「″Hello,world.″」とりあえずtrueエンドまでクリアしました。


古い作品です。OSの動作環境がXP以前ということで、そもそも動くかどうかが心配でしたが、Windows7 32bitだったらギリギリ動くようです。
がしかし、特定のボタンを押すと動作不能になりますので、こまめにセーブをとることが肝要だと思います。


あらすじです。


人型ロボットである友永和樹は《グローバルイルミネーション》完遂させるために生み出されたロボットであり、使命完遂のためには人間の感情を学ぶ必要があるため、人間社会に潜伏し様々なことを人から学んでゆく、というようなお話です。


【以下、ネタバレを含む。】


某批評サイトでは、長い長いと言われてますが、私自身はそんなに長くは感じませんでした。といっても私は奈都美のnormalエンド、trueエンド、深佳true エンドしかクリアしてませんので、あまり参考にならないかもしれませんが(笑)、フルコンするつもりなら確かに長いと思います。ただ、どのヒロインのtrueエンドもグランドフィナーレ仕様だと思いますので、ほぼ大差ないと思って間違いないです。


他所の感想で、「冗長な日常パートが~」と言われてますが、主人公がロボットという性質上、やたら分析的な思考をしますので、長くなるのはある意味必然です。逆に和樹の一日を追体験していると思えば短いくらいとも言えます。こう思ってしまうのも、和樹に感情移入してしまうからでしょうか?「ハローワールド」を立ち上げて、タイトル画面の「初めから」をクリックすると同時に、和樹はこの世界にロボットとしての生を受けます。なんというか結末を知ってるだけに、その事実が重い(笑)どうしてもこういう展開に私は弱いみたいです。。


作風としては、ニトロプラスらしく熱い感じです。和樹が電覚を用いて活躍するところは、さすがロボット!という感じで彼にしかできない活躍をします。彼にしかできない、というと俺TUEE系の主人公を想起しますが、あまりすんなりとは解決しません。そこにモヤモヤしますが逆に何でも解決できてしまう主人公の方が異常だと悟りました。いや、最近の俺TUEE 系も好きですけどね(笑)


では、ひとりでは解決できない事態をどうやって解決したのか?作中で良いことを言ってた記憶があります。「みんなで協力してこの事態を解決するために、僕にしかできないことを、僕がやる。」正にtrueエンドがこの言葉を体で表したようなルートで、本物のチームプレイ、one for all,all for one とは何なのか?その本質の一端を掴めたような気がしました。


trueエンドでは、和樹が暴走したプログラムを制御するために、電波棟からプログラムを修復するエージェントを、ネットワーク中に送信し続けます。明らかな過負荷で和樹の無機頭脳が焼き切れ物理的な限界がやがて訪れます。そして彼は、白くなってゆく意識の中で夢を見ます。彼女達の笑顔、そして、人々の笑顔。今までの思い出が走馬灯のように駆け巡ります。
和樹が焼き切れてしまっても、シミュレーション上では、無事制御できるはずです。しかし、彼女達とこの混乱が片付いたら再会しようという約束を果たすことは出来ませんでした。
しかし、彼は不思議と最期は微笑んでいました。零れ落ちる涙と共に意識が消えていきました。


「・・・約束・・・ごめん・・・」


彼は約束を果たせなくて、後悔していた気持ちはあったと思います。でも、それ以上にこの世界に生まれてこれて幸せだった、という思いの方が強かったのではないでしょうか?ロボットなのに、大切な人達との約束よりも、自己中心的な感情の方が優先される。無責任に見えるけど、ここに本当の幸せの姿が見えて、訴えかけてくるメッセージになる。


私も和樹みたいに、生まれてこれて幸せでした、と言えるのだろうか、とロボットから学ぶのでした。

<<雑記>> 節税は良いこと?

最近、周りからしてみればどうでもいいことかもしれないが、ある一つの命題が頭をよぎる。

 

「節税って良いことなんだろうか?」

 

きっかけはyoutubeだった。ひろゆき氏が読者からの質問に一つ一つ解答しているところを、音声だけくり抜いて編集した動画だった。内容は確か、税理士って今後必要無くなりますよね~、というものだったと思う。理由として、税務の判断が現状あっちの人はこう言っていて、こっちの人はこう言っているような属人的な部分が多分にあって、それならAIで絶対的な価値基準でコントロールするのが、本当の意味での課税の公平なんじゃないのか?というような趣旨だったと思う。(一部私なりに解釈している部分もありますのでご注意ください。)

 

税理士の必要性、という議論については一旦横においておきます。それより私の胸にグサってきたのは課税の公平についての意見の方だった。

 

今、当たり前のようにどこの事務所でも節税の検討をするとは思うが、実際に節税をするということは国の税収を減らすということとイコールだ。そう考えてみると、果たして会計事務所が行っている節税行為というものは社会的に意味があるのだろうか?という疑念が頭をよぎるようになった。僕たちはただお金の流れを調整するだけの虚業なんじゃないか、と。(言いすぎ?)

 

そうは言っても、なるべく節税(課税の繰り延べetc...)が出来るように検討もするし、勉強もする。だってお客さんも潜在的には節税を求めているでしょ?そして、そこに一つの答えが隠されていた。

 

「私が仮に社長だったとしたら、会計事務所には申告はもちろんだが、節税の提案をしてくれたらうれしいと感じると思う。逆に、何の提案もなしに渡した資料だけで帳簿を作って、相談もあいまいにはぐらかされて、勝手に申告して税金はこれだけでした、というのはなんとなく嫌だな。」

 

私が相手からされたら嫌な行為を、私がしてはならない。この原理からたどるに、やはり会計事務所は節税にも積極的であるべきなんだろう。(もちろん総合的な観点がひつようだが)

 

今振り返ってみると、善悪の問題というのは難しいし結論がでない。それよりかは自分が相手からされたらどう感じるか、に立ち返るべきなんだろう。

 

今日もまた、装甲悪鬼村正に助けられたのであった。

 

 

<<感想>>  -アニメ- 「君に届け」

 

君に届け 1ST&2ND SEASON BD-BOX 【完全初回限定生産】 [Blu-ray]

君に届け 1ST&2ND SEASON BD-BOX 【完全初回限定生産】 [Blu-ray]

 

 

史上最強の純愛アニメ。

いやはや、1期、2期とぶっ続けで観ていましたが感動しまくりでした。年をとったせいか、以前見たときとだいぶ違った所感を抱いています、そのくらい奥が深い作品だということでしょうか...。しかし何度見ても良い作品ですね。

友達、家族、恋愛...。2ndシーズンを終えた頃にはこのすべてを勝ち得たわけですので、原作未読の私にとってはその後のストーリーが気になるところではあります。これ以上ストーリーを発展させるならば、もっと醜い人間的な部分を書かないといけなくなるでしょう。その意味で言うとハードルが高くなるでしょうから、3期は今後ないだろうな(笑)というのが私の予測です。

では感想です。

 

1.分からないのはもういいや

 

 風早に好きな子がいると聞かされた爽子。他の子に取られてしまうかもしれないということで涙していましたが、学園祭後に爽子は風早が誰が好きであろうとも構わないと決心し、自分の気持ちを伝えるため告白しに行きます。

「―――壊したい。風早君との間に作った壁を」

爽子は今まで他人のために気遣ってしていた行為を「ごめんなさい」と他人から避けられ続けてきた子でした。しかし北幌高校の入学を機に転機が訪れます。それが風早との出会いでした。風早は爽子に初めて「ありがとう」と言ってくれた人でした。

そんな私との壁ぶち破ってきてくれた彼に、爽子は今、自らが壁を作り、正反対の行いをしている。恥ずかしいとか、迷惑がかかるとか、壁を作っていたのは爽子の方でした。爽子が今までされたくなかったことを、風早君にしても良いのだろうか?

―――それはすごく失礼なことではないだろうか?

 

彼氏になってほしいという気持ち以上に、今までまっさらな気持ちをぶつけてきてくれた風早に、感謝の気持ちをこめて私の正直な気持ちを伝えたいという爽子の姿勢が素敵です。風早を好きという気持ち以上に「ありがとう」という気持ちが窺えて、愛情よりもっと深い親愛を感じます。

 

分からないことはもういいや、と駆け出す爽子。そういうあやふやな部分も丸ごと抱えて突っ走る爽子に大人の影が見えて、爽子も階段を一歩ずつ登ってるんだなぁと一人しみじみ泣きました。

 

2.ウソのある世界で生きるということ

 

 私がずっと気にかけていたところがあります。2ndシーズン第1話で、くるみが「風早は本命チョコは貰わないよ」と爽子に嘯くシーン。爽子は真に受けてバレンタインチョコを渡せなかったわけですが、私がここを見ていて感じたのは「たとえこの状況を上手く乗り越えたとしても、風早と付き合う以上、こんなことを真に受けていたらいつかどこかで躓くぞ」という危機感でした。

 現実世界ではウソが蔓延っています。人が社会で生きていくには強さが必要です。私はそれが気がかりで、爽子が果たして人の醜さに屈しない力を身につけられるのか?という観点で2話以降観ていました。

 きっかけは、12話で訪れます。くるみの後を追いかける女子高生を爽子が手で制します。

 

「くるみちゃんのライバルは、私なので」

 

 爽子は、人の醜さを受け流すこともなく、対立することもなく、自分の信念を通すことによって、この社会に立ち向かっていくのではないのか、と思わせる、私個人において重要なシーンでした。

 

 

 

<<書評>> -ビジネス本- 「法人税申告書に強くなる本」

 

わかる→書ける→つながる 法人税申告書に強くなる本 (第3版)

わかる→書ける→つながる 法人税申告書に強くなる本 (第3版)

 

 

今の時代、申告書の作成は自動化が進んでいます。例えば別表16(減価償却)関係なんて、減価償却明細に所定項目を入力した後、「連動」ポチっ、ですぐに別表に飛んでいきます。便利な世の中ですが、税理士業界がどういった変容を遂げていくのか気になるところではあります。

 

まぁそれは置いといて...。細かい規定の別表の書き方などについては、その都度手引きを引いて確認していけばいいんですけれども、別表4、5(1)、5(2)の繋がり、それと各記載箇所の意味についてはちゃんと押さえる必要があります。実際会計事務所に入所したら、「この項目はこれを記載して~」というような指導を受けると思いますが、そんな口伝の様な指導法では、この資料は何のために作成している資料なのか、といった本質を見落とす可能性が高いと思います。

 

そうなってくると、どうしても座学が必要になります。そんなときにおススメしたいのが上記書籍。

 

この本の良いところとしては、「租税についての処理と書き方」が第一章に記載されているところです。結局のところ法人税申告書でややこしいところといったら租税関係だと思います。他の申告調整、税額控除なんかは規定に当てはまるか確認していけばいいだけ(そもそも申告調整はほとんどでないと思いますが...)ですが、租税項目は法人税申告書の本質的な理解が求められます。

 

第一章から述べられているということは、実務にとって大事だからです。白状しますと、わたしもよく理解しないままやっているところもありました...。ただ一つだけ要望としては、当期法人税等中間納付、当期法人税等還付のケースも入れてほしかったです。。あれの県民税、市民税の均等割りについては1/2納付するとかキモすぎます。。危うく死ぬところでした。。

 

やはり申告書を作っているわけですから、「なんでこれがここに入っているのか?」を理解することは、税務を代理するものとしては基本的な務めだと私は思います(^p^)

 

 

<<書評>> ‐ライトノベル‐ 「ミミズクと夜の王」

 

 

第13回電撃小説大賞<大賞>受賞作、なおかつ、ちょっとタイトル的にも表紙的にも面白そう、と興味を惹かれて購入しました。

 

あらすじとしては、自分の事をミミズク(鳥の名)と語る奴隷として扱われてきた少女と、魔物の王との心の通い合いを書いたお話。凄惨な過去を持つミミズクは、人間としてまともな扱いを受けてこなかったため、精神的に重大な欠損のある少女。魔物の王と関わり合いをきっかけに、人間らしさを取り戻していくお話。

 

 

 

 

 

 

以下、雑感です。(※ネタばれ注意)

 

 

 

 

 

 

正直、ストーリーとしては予定調和的に進むのであまり面白くなかったです。読者によっては、物語の結末が約束されたハッピーエンド過ぎて、あまり面白いとは感じなかった人もいたのではないかと思います。

 

しかし、シナリオの展開としては丁寧な印象を受けました。物語が前に進むために必要な役が揃っていたので自然な進み方だったと思います。

 

一点だけ気になることとしては、聖騎士アン・デュークがレッドアーク国王ダンテスを裏切るシーン。彼は夜の王を叩ききることはなく、夜の王の魔力を吸い取った水晶玉を破壊しました。彼は以前、国王から夜の王の脱走を援助した場合、一族全員根絶やしにすると国王から脅されていたのにも関わらず、夜の王を助けたのです。

 

結末としては、国王の息子クローディアスも魔王によって救われるので、国王にとって魔王を拘束する理由もなくなるので、アン・デュークの一族を根絶やしにする必要もなくなるのですが.....。

 

それはあくまで「結果論」ですよね。天秤に掛けられた一族の命があまりに軽すぎる。彼は何一つ葛藤もなく水晶玉を叩き斬りました。もし仮にクローディアスが救われなかったとしたら、アン・デュークは一族を守るため、国を相手に戦うつもりだったのでしょうか?

 

まぁ、それはそれで良いのですが、そこの記述が必要だったと思います。

 

 

さて、本編を読んだ限りではあまり面白くなかったというのが正直な感想ですが、著者のあとがきを読みましたらこの作品の評価が一変しました。

 

以下、引用です。P265-

「私安い話が書きたいのよ、と、熱に浮かされた病人みたいに、たち悪くくだを巻く酔っぱらいみたいによく言ったものです。私安い話を書きたいの。歴史になんて絶対残りたくない。使い捨てでいい。通過点でいいんだよ。大人になれば忘れてしまうお話で構わない。ただ、ただね。その一瞬だけ。心を動かすものが。光、みたいなものが。例えば本を読んだこともない誰か、本なんてつまんない難しいって思ってる、子供の、世界が開けるみたいにして。私が、そうだったみたいに。そういう、ね。ああ。小説を書きたいな。

そう呟きながら生きて来ました。理想と綺麗事が必要でした。「綺麗事だけじゃ生きていけないよ」訳知り顔でそんなことを言う先輩に、「私は生きていくよ!」そう返した若さと幼さはもう持たないけど、歯を食いしばりながら夢を見ました。今も、夢を見ています。」

-引用終了-

 

まさか「使い捨てでいい。忘れられてしまって構わない」というモチベーションで創作されている方がいるとは.....。私とは180度ベクトルが違う考え方をされていることにびっくりしました。

 

私がこのサイトで考察をしたりするのは、一つの側面として「自分にとってかけがえのない作品であったことを記録、かつ表現したい」という思いがあって、このサイトに記事を起こしています。私としてはエロゲにしろ、小説にしろ、あまり消費するもの、としては扱いたくないのです。それは創作に対する考え方にしても本質的なところでは同じです。

 

私とはベクトルが違いますが、「本を読むことによって救われた部分があるから」という一点で創作されているその姿勢は、純粋に素敵だなと思いました。

 

ハッピーエンドを貫くので、私の性格上、「ん....?」と首をひねるところもありましたが、他の人には布教したい作品ではあります。